夏のファンデーションの塗り方で崩れにくい方法と汗でよれない方法

夏フェスや、海で泳いだり、テーマパークで遊んだりと
この時期は
外にいる事が多かったりします。

楽しいイベントが多いから、嬉しいですが
困ったことが1つありますよね。

それは、【夏の汗や、皮脂などでお化粧が落ちやすい】という事!

ベースメイクをしっかり塗っておかないと
化粧崩れがひどくなります(´;ω;`)

こんな時にふと、考えることないですか?

他の人は、夏の時期のベースメイクってどうしているのだろう)と。

今回は、夏のファンデの崩れない塗り方について話していきますね。

スポンサーリンク

夏のファンデーションの基本的な塗り方

夏 ファンデーション 塗り方

1日のメイクの持ちを長くする為に、工夫をする必要があります。

使うファンデーションは、崩れにくい物を使って下さいね!

崩れにくいファンデーションに関しての記事は ↓

夏のファンデーションが崩れない持続性がある種類の物と顔がテカらない物

夏のファンデーションの塗り方

1. 肌を洗顔した後、化粧水・乳液・クリームなどでしっかり保湿をしてから
下地を塗ります。

保湿をサポートしてくれる美容液

上記で紹介した美容液を使うことでのお肌の潤いの比較↓

※こちらの美容液にはプロテオグリカン原液が入っています。

乾燥した高野豆腐が水分を吸収して、ふっくらするイメージ。

お肌が潤う時間が長いので
その分、化粧崩れが起きにくくなります。

めんどくさいお化粧直しの回数が減りますよ

2. 下地を手で塗った後スポンジで肌になじませて
余分な油分を取りましょう。

3. 下地が乾いたら、ファンデーションを塗って下さいね。

ポイント
少し油分を含んだ伸びのいい下地を使います。
エスティ―ローダーのダブルウェア】が良いと思います!

メイク前に冷蔵庫で冷やしたシートマスクをして
化粧水で顔にパックをします。

シートマスクとは?

顔の形に切ってあるシートに、化粧水などが染みこませてある物

肌の保湿をして、下地を塗って、ファンデーションを塗る。
簡単にまとめると、こんな感じになります。

崩れにくいファンデーションを使っていたら
これだけでも、落ちにくいと思いますが
もっと崩れにくい方法があるので、説明していきます(゚Д゚)ノ

ファンデーションが崩れにくい塗り方

ファンデーションには

パウダー、リキッド、クリーム、クッション大きくわけて
四種類あります。

色々試した中で、リキッドファンデーションが崩れにくかったですよ。

1. 保湿をしっかりした後、下地と日焼け止めを塗ります。
日焼け止めが入っている下地だったら、日焼け止めを塗らなくてもいいですよ。

2. リキッドファンデーションを顔の、両頬・額・顎などに乗せて
ポンポンと押さえ込む感じで広げていきます。

3. 粉(崩れを防止するベビーパウダーなど)を
顔全体に乗せていきます。
つけ過ぎないように注意して下さい。

4. 水スプレー(化粧水スプレー)を軽く吹きつけて、上からティッシュで押さえる。

5. 余分な粉を落とす

ポイント
リキッドファンデーションを塗る時のスポンジは
いつも清潔を保って下さいね。
使い捨てのスポンジがいいです!
何回か使うと、すぐ汚くなります(´Д`)

キレイなスポンジを使う事で、肌へのフィット感が違います。

プレストパウダー
【元々固まっていて、ファンデーションを長持ちさせる為のお粉です】
を使うと持ちが良くなりますよ。

Tゾーンは崩れやすいので、リキッドファンデーションを薄く塗るか
コンシーラーのみで仕上げて下さいね。

濃く塗る程、崩れやすくなります。

汗でよれないファンデーションの塗り方

夏はよく汗をかくので
汗が出ても、よれない塗り方を書いて行きますね。

下地に使うのは、CEZANNE(セザンヌ)の物がオススメです。
全く崩れないので良いですよ!

ピンクベースだとお肌のくすみを飛ばしてくれます。

ファンデーションは、エスティ―ローダーのダブルウェアが良いです。

ファンデーションは値が張りますが
ベースメイクは、高めの物を使った方が崩れにくいですよ。

汗でよれないファンデーションの塗り方

1. 下地は白浮きしないくらいに薄く塗る

2. ファンデーションはブラシで伸ばす

3. ファンデーションを頬あたりに重ね塗りをすると
陶器肌のような仕上がりになります。

4. スポンジで優しく顔全体になじませて、余分なファンデーションを取ります。

5. コンシーラーはポンポンと置くように、隠したい所に塗る
塗った後はムラなく優しく伸ばして下さい。

6. ルースパウダー(粉状態の物)とプレストパウダー(固形状態の物)を
肌になじませて行きます。

上で紹介した方法にちょっと加えると、より汗でよれなくなります。

1. 洗顔後、普段通りに化粧水 → 乳液をつける

2. 日焼け止めを塗る時に乳液を少し混ぜて、肌に塗る

3. お化粧用のスポンジに、たっぷりと化粧水を含ませる。

4. リキッドファンデーションを、ポンポンと押し込むように塗っていく

化粧水で、肌をたっぷり潤すのがポイントです。

肌とファンデーションのつきが長持ちしますよ(;´∀`)

夏のファンデーションは、保湿が大事です!
けっこう乾燥するので・・・

皮脂と汗で落ちやすくなるので
皮脂の分泌を抑えるために、顔をオイルマッサージするのも
良いですよ~

油が皮脂を分解してくれます。

少しのベース作りの手間で、1日中
化粧崩れを減らしてくれる肌が作れると思います。

朝は時間ない時が多いですが、試してみて下さいね。

夏のファンデーションの基本的な塗り方のまとめ

崩れにくいファンデーションを使うのと、保湿をしっかりする事と
崩れにくい塗り方を知る事で
汗をかいても、皮脂が出ても落ちにくい肌をキープすることが
できるんですね。

ベースメイクに手間をかける事、大事です(´・ω・)

夏は、お化粧する時に汗をかいてしまうので
顔パックや、化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのもアリですよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました