夏用の洗濯できない帽子の臭い対策!洗えないので他の手入れ方法を考えてみた

帽子も、洋服と同じように洗濯機で洗えると思って洗濯しようと
帽子についているタグを確認してみると
全ての洗濯マークにバッテンがついている・・・

「帽子って洗濯機で洗ったらいけないの?」

もっと、よーく見てみると
【ドライもだめ!型くずれの原因になるから洗わないで下さい】との文字が。

「もしかして、手洗いもだめなのかしら・・・」

夏は、帽子の中が蒸れやすくて、ぼうしの中の臭いもすごく気になるから
洗えるなら洗いたいですよね?

でも、あなたが今洗いたい帽子は洗えない素材。

夏なのに帽子が洗えない・・・とモヤモヤしているあなたが
スッキリする記事となっています。

夏の時期こそ洗濯したい帽子を洗えない

帽子 臭い 対策

春、秋、冬の帽子はまだ洗えなくてもガマンできる。

しかし、夏用の帽子も洗えないってどういう事?

毎日、帽子を被っていると汗をかいて
帽子の中が蒸れるのが当たり前のこの季節に、洗濯できないとは?

もちろん、洗えない素材の帽子を選んだ私も悪い。

けど、帽子を自分で洗ったことがないし・・・
普通に洗濯機で洗えると思っていたから(;゚Д゚)

しかも、洗濯機は無理だと何となく感づいていたけど
手洗いもできないなんて聞いてない。

と、呆然となっていませんか?

できると思っていた事ができない・・・事って生きてれば色々あります。

いい具合に蒸されている帽子を見て、呆然となっているかもですが
なぜ帽子が洗濯機で洗えないのか簡単に説明しますね。

タグにも書いてあったと思うのですが
帽子は洗濯機で洗うと、とうぜんのように型くずれしてしまいます

帽子のサイズを選ぶとき、頭の大きさに合わせて選びますよね?

サイズに、1cmくらいは余裕があるけど
ほとんどと言っていいほど、頭の形に合うように作られています。

なので、洗濯機で洗った影響で帽子が型くずれを起こすと
元の形には戻らず
型くずれした状態のままに変形しちゃうんですね。

こうなると、かっこわるくて被ることができません(´;ω;`)

手で無理やり元の形に戻そうとしても無理です・・・

ところが、帽子を洗濯機で洗うことはできないけど
手洗いならOKという帽子も存在します。

手洗いで、洗えるものと洗えないものの違いは、素材の違いですよ

ただし、大きな洗いにくい飾りや、ビーズなどがついている帽子は
今一度【タグの洗濯マーク】を確認してみて下さいね。

手洗いでも洗えない場合があります。 

手洗いできる素材

生地100%で作られた帽子は手洗いできます。

・ ポリエステル 《軽くて丈夫、シワになりにくい、色落ちしやすい》

・ 綿 《柔らかい繊維の集まり》

・ ニット 《編み物》

手洗いできない素材

・ レザー 《皮に近い布》

・ ファー 《毛皮》

・ 麻 《世界で最も古い繊維生物》

・ ウール 《羊毛》

・ 紙 《麦わら帽子のように紙でできたもの》

形が1度変わったら、元の形に戻せない素材は手洗いでもNGという事ですね。

夏はとくに、帽子の中に熱がこもりやすいので
臭いも気になりますよね。

洗えない帽子の臭い対策について考えていきましょう。

帽子の臭い対策はどうしてる?

洗える帽子なら、そんなに気にすることはない頭皮の臭いですが
洗いたくても洗えない帽子には
汗が蓄積しているはずだから、いつか嫌な臭いを放つことを想像して
落ち込みますよね。

自分が気づく程度の臭いなら、まだ許せますが・・・
人から指摘されるのだけは避けたい。

雑菌が大好物な、汗と皮脂が帽子にたまっていくのを
防ぐことができたら
頭から漂う嫌な臭いを抑えることができます。

雑菌とは?】

細菌の集まり。無害な日常的な菌

細菌とは?

すごく小さな生物の集まり。何かに居座って腐らせることで
人に害を起こすこともある

菌とは?

いろんな所にいて、腐らせたり、病気の原因を作る、目に見えないような生き物。

雑菌は私たちの身近にいる菌だと思って頂けたらです。

雑菌が増えると、においが強烈になって
最悪の場合、頭にかぶるのが気持ち悪く感じる事も・・・

洗えない帽子の臭い対策としては

1. 汗を吸収させたままの帽子を放置しない。

じめっと汗で湿っていると思うので、陰干しして下さい。

日光に当てると形が変形したり、色がはげる原因になります。

2. 毎日同じ帽子を被らない

帽子の中をしっかり乾燥させないまま、毎日被ると
雑菌を逃がすことができなくて
臭いの元がたまっていっちゃうので
できれば、他の帽子と合わせて使いましょう。

3. ヌーラでスプレーする

強い臭いや、人の体臭などを消してくれる消臭スプレーです。

ヌーラの口コミをまとめてみました!

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”olane.jpg” name=”OLお姉さん”]消臭したあとすぐは、嫌な臭いが消えるけど
時間が経ったらまた臭いが戻ってくる。

まだ、何度も使ったわけじゃないから分からないけど
使い続けたら臭いが消えるのかしら?
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”olane.jpg” name=”OLお姉さん”]アンモニア臭のような臭いも消してくれる。
完全に臭いが消えるわけじゃないけど、臭いを緩和してくれる。
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”olane.jpg” name=”OLお姉さん”]ヌーラの容器がシンプルなので
外出先で臭いが気になっても
恥ずかしがらずにスプレーできるから助かる!
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”olane.jpg” name=”OLお姉さん”]臭いの種類によっては、瞬時に臭いが消えるものと消えないものがある。
ヌーラを使うときはドライ製品、皮、デリケートなものには
注意して使った方がいいわ
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”olane.jpg” name=”OLお姉さん”]値段が高いから、今のところファブリーズで間に合ってるわ[/speech_bubble]

口コミは、上記のような感じです。

人それぞれ取りたい臭いの種類が違うので、効果は個人差がでるけど
参考にしてみて下さいね。

4. 髪のお手入れに気をつける

頭皮の脂や、汚れを取りのぞく。

※ 頭皮の脂が出るほど雑菌が臭いを放っている場所へ
集まります。

・ 頭皮の脂が出やすいのは、ホルモンの分泌量の関係。
ホルモンバランスを整えるのが必要になってきますよ。

ホルモンバランスを整えるには、納豆と豆乳を食べるのが
いいです!

・ 肉ばかり食べると皮膚が脂っぽくなります。

・ 濡れた髪は雑菌が繁殖するので注意。

・ シャンプーの流し忘れも菌を増やします。

シャンプーは無添加を使うか、シャンプーは使わないで
無添加石鹸で頭皮を洗うようにすると
脂っぽさが治まりますよ。

帽子からの鼻につく臭いは、雑菌が増えたことによる臭いなので

雑菌を増やさない
帽子の中を湿らせたままにしない

が重要です(゚∀゚)

帽子が洗えない時のお手入れ方法

洗濯マークがみごとにバツ印ばかりなので
とくに、型崩れを防ぎたいお気に入りの帽子は
洗わない方がいいです。

帽子が洗えない時のお手入れ方法をマメにやっていけば
帽子が汚くなる事はないと思いますので
お手入れ方法を覚えましょう。

帽子が洗えない場合のお手入れ方法

・ 帽子用のブラシで、表面についている埃をはらう

ブラシは暗めの色用と、明るい色用を2つ用意して下さい。

軽く叩きながら帽子のホコリを落としていきます。

同じブラシを使うと、繊維がブラシの中に入って
余計な色が混ざって帽子が汚くなります。

・ 中性洗剤で拭き取る

中性洗剤と、ぬるま湯を混ぜた液を染みこませたタオルで
帽子の表面、ファンデーションや汗じみがついてそうな
帽子の内側などを優しく拭いていきましょう。

・ 風通しの良い所で帽子を乾かす

日陰で乾かすのをオススメします。

強い日差しが帽子に当たると、形が変形したり
色落ちすることがあるので。

帽子に目立つ汚れがあるときは
酸素系漂白剤の中の【過炭酸ソーダ―】を水に溶かして
帽子にスプレーして吹きかけます。

過炭酸ソーダ―は水に溶かすと、炭酸ソーダ―と過酸化水素水に分離して
汚れや殺菌を分解してくれますよ。

帽子に染みこんでいる雑菌を取りのぞいてくれます。

炭酸ソーダ―は、乾燥したら後に残らないので安心して下さいね。

100均や、ドラッグストアに売ってあるので手軽に買えます。

持っている帽子が、洗濯機や手洗いで洗えなくても
清潔に保つことはできます。

欲しい帽子が、いくら洗えない帽子でも
諦めないで
ハットでオシャレを楽しんでくださいね!

夏の時期こそ洗濯したい帽子を洗えない まとめ

帽子の洗い方1つで、元々のきれいな形を
崩しかねないので
帽子を洗わないでも清潔に保てるコツを紹介させて頂きました。

いかがでしたか?

役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました