ワンステップ

日常生活での疑問について答えます!

生活

新しい引っ越し先に寝具がないときに使いたい布団の代わりになるもの

投稿日:2018年11月20日 更新日:

「新居で何もない部屋に一泊したい時に布団の代わりになるもの」

・新居周辺で二日間用事がある

・交通費と宿泊費を節約したい

・新居で一泊したいが布団がない

来週引っ越しが決まっている。

でも急に新居の近くで用事ができてしまった。

交通費が高くて痛いのでどうにか宿泊費を浮かせたい場合
新居に一泊できないか?と考えてしまいますよね。

トイレとお風呂も使えるし
暖房もついてるので寒さ対策もそんなに気にする必要はない。

だけどただ一つ、布団がなくて
重い布団を新居に運ぶ車もない。

今のあなたは、布団の代わりになるもので
夜寝るときに疲れない物を探しているのではないですか

生活用品は近くのお店で買えるし家具も必要ないので

寝る時の寝具だけが気になっているかと思います。

ひとつ、布団の代わりになるものを持っておいたら
また今度引っ越しすることになっても
気軽に持っていけるので同じ悩みで困りません。

ちょっとしたサバイバル感を感じれるでしょう。

スポンサーリンク

新居で一泊するとき寒くないように寝る提案

寝るとき 寒くない

新居の周辺で急に用事ができることあります。

せっかく、もうすぐ引っ越す部屋が近くにあるのに
わざわざ宿泊をして泊まろうとは思わない。

鍵を貰ってないならまだしも、鍵を貰っていて
入居日も過ぎていて、荷物は何もないけど部屋に入れる。
となると新居に一泊したいと考えるのは当然ですね。

こう感じるのは引っ越し費用をトータルすると
相当な金額行くからという理由もあります。

わたしも何度か引っ越ししましたが

トータルで計算したら、想像していた金額よりオーバーしてる・・・
という状態がありました。

ただし、暖房がついていても

部屋に何もなかったら寒さを感じやすくなります。

物がないので寒さをガードしてくれる物がありませんから。

やっぱり、上に羽織るものがないと
寒さを直に感じてしまうんですね。

体を包むものは体温が下がるのを防いでくれるので
大事だということです。

温かいスープを飲むための電子レンジもありませんから
何も身体に被せない状態で夜寝るのは厳しい。

ダンボールの上で寝る方法もありますが
サバイバルをするわけではありませんし
荷物が届いてない状態ではダンボールも部屋にないでしょう。

毛布やタオルケットなどがあるとまだ違うかもしれません。

寝るときの枕は欲しいですよね。

引っ越しする前の新居はとにかく冷えやすく
身体を覆うものがないと、寝ることもしんどくなると思います。

暖かいアウターは必須。

寒い中で寝るのは、風邪をひいてしまうことにも繋がるので
引っ越し疲れも重なって長引く可能性がありますよ。

はっきり言うと寝具が何もない状態で眠るのは
厳しいというのが私の考えです。

床に寝ると痛いというイメージがある

新居の床に直で寝るのは短時間だったらいいですが
間違いなく背中が痛くなるでしょうね。

床に寝ると姿勢が良くなると聞いたことあります。
真実は試してみないとわかりません。

直で寝ると、背中や腰がバキバキになるイメージがあるんですが

カーぺートの上に寝ると
そんなに痛みを感じることはないのかもしれない。

カーペットや、薄いタオルケットの上に
短時間だけなら寝たことありますが
長時間はわたしは耐えられないです。

固い床に直で寝るのは

首や、背中、全身が痛くなりそうなので
試そうとは今は思いませんが
人によっては腰痛が緩和された人もいる。

あなたの場合は

身体を覆うものが何もないので
床の冷たさが身体に伝わってくるという事から
床に直接寝るのはやめた方がいい。

布団の代わりになるもの

何も荷物がない部屋に一泊するときに
布団の代わりになるものとして「寝袋や、マットレス」が
軽いし、かさばらないので適してるのではないですか?

安くで買えますし
宿泊費よりは出費を抑えることができます。

ミノムシ型もありますし、布団のような形のもあります。

今後、また同じような状況で
新しい引っ越し先に泊まりたいときに使えますよ。

移動時にも軽くてかさばらないので
持ち歩きやすいと思います。

今の住居に自分用の布団がもうすでにあるのに
新しく布団を買い足す必要はありません。

日常では、布団で寝てる人が多いから
部屋の中で寝袋で寝ることってないですよね。

好んで物を持たない暮らしをしている人は
驚いたことに布団を持っていない人もいます。

そう考えると、布団がない生活って
そんなに不便じゃないのかもしれないですね。

新居で一泊するとき寒くないように寝る提案のまとめ

新居に引っ越しするときは色々と忙しいですよね。

新居周辺での手続きや、急に用事ができたりと
何かと生活が落ち着くまではバタバタすることが多いです。

一泊をゆっくりできるならいいですが

ちょっと寝るだけなら、宿泊費も痛い出費になります。

引っ越しが終わるまでは
断捨離、配送費、家具を新しく買ったりと
もろもろ準備するものが多いですし
お金が悲しいほどに飛んで行く時期でもあります。

寝袋があればそんな心配もなくなりますよ。

新居での防災グッズとしても使えます。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

有馬温泉で日帰り観光!ドクターフィッシュ体験と集まりやすい人

有馬温泉、知名度が高く、知らない人は少ないのでは? (肩や腰がさいきん凝っていて、なかなか良くならない)とか (慣れない仕事の業務が理由で、疲れを取る余裕がない)とか こんな風に感じているのなら 「よ …

結婚式 背中 ニキビ跡

【結婚式までに背中のニキビ跡を減らしたい】ずっと汚い背中に悩んでいた友人が笑顔になった話

「何年も治ってくれない背中のニキビ跡で泣いていませんか?」 ・何年も治らないニキビが憎たらしい ・来年、結婚式なのに「治らなかったら」と焦ってしまう ・私と結婚を決断してくれた彼の前に「きれいな花嫁」 …

働きたいけど働けない ニート

【働きたいけど働けないニート】無理なく自立するためのポイント3つ

「働いて自立したいのに自信がなくて行動できない」 ・自分に自信がなくて働くことができない ・中卒というコンプレックスがあり、なかなか面接を受ける決心がつかない ・自分に足りないところばかりを嘆いて前に …

還暦 写真 着物

【還暦記念の写真撮影用の着物】60歳の母をきれいに撮ってくれる写真館

「両親の還暦記念に母に着物を着てもらって家族写真を残したい」 ・両親の還暦祝で母に着物を着てほしい ・60歳の母が着物を着た姿を写真に残したい ・年配の方用で地味ではない着物をレンタルできるところはあ …

六甲山まで有馬温泉から行く場合の料金は?アクセスとケーブルで下駅まで行く方法

有馬温泉の「太閤の湯」満喫できましたか? 1日で、有馬温泉を全て体験するのは 難しいと思いますので 入りたい温泉を優先してくださいね。 温泉って、バタバタ慌ただしく入りたくないから いくつか入りたい温 …

管理人プロフィール

プロフィール

初めまして、小神リカです。

既婚者で北海道在住。

年間行事に対しての疑問や、普段生活していて
思うことに対しての疑問に答えるブログとなっています!

気軽に訪問してください。

よく読まれている記事

  • 該当なし