肌が弱い人が選ぶファンデを知ったら悩み知らずのお肌に近づける

「年齢を考えるとファンデーションをつけなきゃと思うけど痒くなる」

・ファンデーションを年齢的につけたいけどつけると痒くなる

・乾燥を感じる肌にいいと言われているファンデーションが知りたい

・洗顔してもファンデーションの粉が残っているようで気になる

元々ニキビが目立っていたお肌だった場合、
出来物ができるのを気にして
成分に油が入っている化粧品を避ける人は多いです。

ベースメイクには油分が入っていますよね。

普段はベースメイクは避けて、眉と目元だけ
ちょこっとお化粧をする。

日焼け止めを塗っているのなら、これでもいいです。

けれど、やっぱり少しでもメイクするときは
ベースメイクをした上から
アイブロウやアイシャドウを塗った方が見栄えはいい。

それに崩れにくくなります。

あなたがファンデーションを避ける原因は、

  • ファンデーションをつけるとお肌が痒くなる
  • 昔、ニキビがひどい時期があった

ですよね?

このような原因を取りのぞくことができれば
きっと、ファンデーションをつけることに
抵抗がなくなるはずです。

もう1つありましたね!

洗顔をしても、化粧品の粉が残っているような気がして
落ちているのか不安になる。

この部分も取り除いていきましょう。

記事を読んだ後

こういうファンデーションがあったんだ!と驚きます。

ファンデーションをした日でも
お肌が痒くなることが減るし、ファンデーション落とす時も
楽に落とせますよ。

お肌を褒められることが増えるはず。

肌が弱い人が選ぶファンデ

肌 弱い ファンデ

あなたがファンデを苦手とする理由に
今までの経験などが影響されているのかと思います。

  • ニキビに悩まされた時期があった
  • しっかり洗顔でお粉が落ちているか心配
  • ファンデをお肌に乗せると痒くなる

ニキビができやすくなった背景に
食べ物や、生活環境、洗顔できれいに落ちてなかったなど
思い当たることはないですか?

ファンデーションが合ってなくても
吹き出物が出やすくなったりします。

自分のお肌と相性がいいと思って使っていたけど、
季節の変わり目で
今まで使っていた化粧品が合わなくなることもあります。

自分のお肌と相性がいいものに出会うために
ファンデーションを片っ端から試すのは不可能に近い。

「なら、どうするか?」

余計な成分が入ってなくて、お肌の状態が偏りやすい人に
優しく作られているファンデーションから試してみる。

しかも

洗顔できれいにファンデーションが落ちているか?不安なら
石鹸だけで落とせるものを選ぶ。

このような条件をクリアしているのが

ミネラルファンデーションです。

1日ファンデーションを落とすのを忘れていても
比較的お肌への負担が低いので、
ファンデーションに慣れてない人でも使いやすい。

天然ミネラル100%の物なら

下地クリームも使わなくていい。

慣れないうちはミネラルファンデーションを使ってみて
自分のお肌の調子を見ながら
他の種類のものに変えて行っていいですよ。

あなたはきっと

下地クリームを塗って、ファンデーションを塗ってと
あまりお肌に塗りたくりたくないと思っているのではないですか?

1つのもので
お肌がきれいに見えたらいいですよね

しかも、「ファンデーション落としにくいから嫌だな」と
感じているあなたには
ファンデーションを落とすストレスがないです。

だって石鹸で落とせるのですから。

ミネラルファンデーションは
あなたが今求めているファンデーションではないでしょうか。

ファンデーションが洗顔しても落ちない気がする

洗顔しても落ちてない感覚気持ち悪いですよね?

お肌に悪いような気がして
ファンデーションを使うのも億劫になるかも。

オイル系のクレンジングは何度も使うと
お肌に刺激を与えてしまうこともあります。

洗顔するときは、あくまで優しくです

ミネラルファンデーションなら
石鹸だけで落ちるのでクレンジングは基本的には使わなくていい。

ミネラルファンデーションの中にも
石鹸だけで落とせないものもあるので注意が必要。

ミネラルだけで作られているものを確認してから
使うか決めてくださいね。

石鹸だけで落とせるミネラルファンデーションの見極め方

  • 石鹸で落ちる
  • ノンシリコン

と書かれていると石鹸だけで落ちます。

ミネラルファンデーションを落とすのに相性がいい石鹸は
「せっけん素地」と書かれているものです。

覚えておくと、選ぶ時に迷わないで済みますよ。

顔の毛穴の汚れの正しい取り方

石鹸だけで落とす場合から説明していきます。

・石鹸で手をきれいに洗います。
指の間、爪の隙間も洗ってください。

・「石けん素地」と書かれているものを使って
泡立てネットで泡を立てていきます。
(泡立ちが弱いときは水を含めて調整する)

・泡の目安は生クリームを混ぜてツノを
立てるときのようなイメージの固さ。

・生クリームを泡立ててるんだと思ってください。

・お肌に手が触れないようにそっと泡を乗せていきます。

・軽くお肌にスタンプを押すようなイメージ。

・ミネラルファンデーションでも粉が落ちてないように感じたら
ミルククレンジングを使って落としていきます。

・オイルクレンジングはしっかり落とすタイプなので
刺激が強めです。ミルククレンジングがいいです。

・顔についた泡を落とすときも優しく落とすようにする。
(叩いたり、こすったりしない)

・20回~30回ぬるま湯でしっかりすすぎ落とす。
(お湯で洗うとお肌が乾燥します)

・やわらかい清潔なティッシュ、紙ペーパーで
お肌の水気を取る

・化粧水、美容液、乳液、クリームなどを塗る

・最後にワセリンを塗るといい(ワセリンを塗るかは人それぞれ)

クレンジングをなるべく使わないようにして、
どうしても使いたい場合はミルククレンジングを
使うように心がけてくださいね。

クレンジングは濃いメイクをしたときは必要です。

なるべく、刺激が少ないアイブロウやアイシャドウを
使ってもいいと思います。

アイブロウ、アイシャドウ、口紅などは
ミネラル成分で石鹸でメイクオフできるものなら直いいですね。

肌が弱い人が選ぶファンデのまとめ

お肌がファンデーションをつけると痒くなるのは
あなたが使っていたファンデーションの成分が
お肌に合っていない。

もしくは、保湿をしっかりしていない
乾燥したお肌に直接塗っていたことによって
かぶれやすくなっていた。

ということが考えられます。

下地ベースはしっかり塗っているでしょうか?

メイクはベースが非常に大事で、
保湿も同じように大事です。

ベースメイクと保湿を見直すことから

しっかりとした化粧持ちするお肌が
ファンデーションによって作られます。

ファンデーションの良さを実感するには

保湿とベースメイクが崩れていては
生かしきれなくなります。

ミネラルファンデーションなら

石鹸だけでメイクオフ出来ますし、
お肌に優しいので
メイクをしっかり落としきれていなかったとしても
比較的お肌の負担は減らせますよ。

まずは、ミネラルファンデーションで
崩れないきれいなお肌を作り上げる
練習をしてみてはいかがでしょうか?

続けることで

お肌が痒くなりにくくなりますし、ニキビができると言う
ファンデーションをすることへのハードルが
下がるはず。

石けんだけで落とせるミネラルファンデーション→
毛穴をカバーして陶器肌【ミネラルファンデスターターキットM】

インスタグラムで紹介されているので手に取りやすいですよ。
ファンデーションが苦にならないお肌になるきっかけにしませんか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました