【過去を思い出すことが苦しい】過去にとらわれないで前向きになれる3つの助言

「自分の人生をやり直したい」

・自分自身の人生が嫌だ

・成長していない自分に未来がないように思える

・過去にとらわれすぎてまた会社をやめてしまった

過去にとらわれて苦しくなること、わたしもあります。

「自分は成長していないのではないか」と落ち込んだり。

今回の記事は、今この瞬間に過去にとらわれて
苦しんで苦しんでどうしていいのかわからない、あなたに向けて
書いています。

悩みが解決すると

一挙に物事を変えることは難しいかもしれないけれど、
1週間の中の1日だけ過去のことを考えなくてよくなる。

過去に囚われる自分から脱出するきっかけになります。

スポンサーリンク

職場での考え方をほんの少しだけ変えると気持ちが楽になる

過去 思い出す 苦しい

どうしてもメンタル的に苦しいときってありますよね?

そのときに、よく使われている言葉で
「他の人も頑張っている」と言われますよね。

けど、これは気にしなくていい。

あなたの心が悲鳴を上げているのだから。

そのときに

職場の人の仕事の出来が80%だったとしても、
あなたには関係なくて
あなたは30%~40%の業務をすればいい。

苦しいのに、みんなと同じように80%の仕事をしようとすることが
間違い
だってことに気づいてください。

上司に叱られても関係ないと思いましょう。

仕事を引き受ければ引き受けるほど
仕事を増やされます。

職場は自分が30%の仕事の質だと思っていても
周りはそんなこと思っていません。

それでもあなたの心は悩みます。

過去のことを悩むのが今の習慣になっている。

一度試してほしいことがある。

余裕を持ってあなたが30点だと思える仕事をしてください。

そのときに
上司の反応や、周囲の反応を見て下さいね。

例えば、いっつも怒っている上司は
80点でも30点の仕事の内容でも怒ります。

気分屋の上司なら

80点の仕事では怒られたのに、30点の仕事では
怒らないときも多くある。

あなたの一生懸命や、あなたの80点は
勝手にあなたが作り出したものです

まず、1回30点で試してみよう。

周りの反応はそう変わらないはずです。

それを二回三回繰り返していくと
業務の質が30点の自分で楽に生きれることを発見できますよ。

もし、自分が息苦しいと感じているのなら
少し手を抜いてほんの少しだけ考え方を変えて
試してみましょう。

案外「これでいいんだ」と思えることがたくさんあるはず。

過去に囚われないで前向きに考えるための具体例

過去に囚われているのが軽い場合

苦しくなってきたら、
まったく別のことを考えるようにする

(最初は難しいけど習慣にすればできるようになる)

・昨日の芸人さんの名前とコントなんだっけ?

・明日、時間あるから手の込んだ料理作ってみよう

・一度も一人カラオケ、1人焼肉、1人で海外行ったことないから
やってみよう

※ お金が気になるなら最近は近場なら海外も安いですよ。 

過去に囚われているのが重い場合

ダークな部分に1時間ぐらいハマりこみますが
自分を責めないで「今の自分には必要な時間なんだ」と自覚すること

苦しいかもしれませんが落ち込んでいる自分を
楽に受け入れてみましょう。

自分だけで抱え込むのをやめて吐き出そう

あなたの周りに今、信用できる相談相手はいますか?

もし、いないのなら「電話占い」を使ってもいいです。
通話料が安くて、無料で相談できるところもあります

わざわざ、足を運んで話を聞いてもらうことに引き目を感じるのなら

「周りの人に聞かれない」電話占いを利用するのも
悩みを解決するための道の1つです。

あなたが「誰かに今の気持ちを吐き出したい」と
思ったら気軽に話してみてくださいね。

苦しい思いを聞いてもらうだけでも
気持ちがとても楽になることもありますから。

そして、ブログを立ち上げて
今苦しい思いを全て吐き出しちゃいましょう

「過去に囚われて苦しんでいるのは自分だけ」と
思い込んでいるかもしれませんが

ネットの世界では、山ほどあなたと同じように
「過去にとらわれてもがいている人」はいます。

ブログに苦しい思いを隠さずに発信していけば

あなたのブログを読んで共感した人が
コメントをくれたりします。

同じ悩みを持っている人がたくさん集まる。

あなたの文章で「心が救われる人」だって出てくる
こうなったら、あなたは人の役に充分役立っているし
文章に起こせば、過去の整理と未来への期待もできます。

辛い気持ちを吐き出すことの大切さを
ぜひ、体験してほしいです。

職場での考え方をほんの少しだけ変えると気持ちが楽になるのまとめ

10年間、過去にとらわれて「自分はダメな人間なんだ」と
自分を自分で苦しめていた期間つらかったね。

でもよく、右にも左にも縦にも横にも
もがいてもがいて「どうにか今の環境から抜け出したい」と
思いながら頑張ってきたね。

あなたを自分自身でもう苦しめる必要はないんだよ。

中には、もがけない人もいるのだから。
もがけるという事は充分成長しているということ。

他人には厳しく、自分には甘くていい時もある。

私が好きな言葉に「良い加減」と「一笑懸命」と
いう言葉があります。

意味合い的に間違ってる部分があるかもだけど

「良い加減」は「力を入れるとこは入れて、抜くとこは抜いていい」
全てを頑張りすぎないでいいってこと。

「一笑懸命」は「この先の笑顔のために一生懸命に頑張る」
「一笑懸命やってもいいけど笑うことも忘れちゃいけない」
このような言葉だと私は解釈しています。

人生を変えるのに年齢制限があるなんて誰が決めましたか?

ほとんどの人が言う言葉に縛られていませんか?

自分が「人生変えるのに年齢は関係ない」と思えば
思えた時が人生を変える時です!

環境やある事情で、勉強ができなかった人が定年を迎えて
高校や大学に通っている人だっています。

あなたの人生は選択が自由なのだから
自由に好きなように決めていいんですよ。

今、働くところを探している途中なら
全く新しいことを始めれるチャンス
です。

自分が得意な部分を生かして仕事を作ることだってできる。

電話占い、わりと評判がいい所を一応貼っておきますね。

無料会員登録はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました