ワンステップ

日常生活での疑問について答えます!

生活

【朝の髪がまとまる方法】働く女性が朝の時間に余裕を持つためにする3つの工夫

投稿日:

「働く女性が朝の時間を短くするための工夫知りたくないですか?」

・働いている女性の朝の身支度の短縮方法

・時間がなくても化粧、髪のセットなどに手を抜きたくない

・特にはねる髪を落ち着かせるのに時間がかかる

朝はなぜあんなにすぐ時間が過ぎるのでしょうか。

休日の朝はゆったりしているのに、仕事のときは
1時間が5分に感じることも。

あなたの悩みが解決すると

毎朝の髪とメイクの時間を短縮できる。

朝起きた瞬間からの時間との戦いに
余裕を持って挑むことができます。

身支度で精一杯だった朝の景色が変わって
モーニングコーヒーや、サラダを飲食できる時間を
儲けることができる。

「ちょっとここおかしいな」と思う部分(メイク)があったら
し直すこともできます。

スポンサーリンク

朝のスキンケアと化粧時間を短縮したい

朝 スキンケア 化粧 時間

朝はやることが多いですよね。

私は朝すっきりと起きれるタイプではないので
いつも仕事前の朝は苦労していました。

朝起きて、洗顔して、スキンケアをして、髪のセットをする。

このような流れですよね。

もう少し寝ていたいという気持ちと、そろそろ準備しないと
間に合わない!という気持ちで
毎日戦っているのではないでしょうか。

そこで提案です。

今使っているメイク用品はそのままで
時間に余裕があるときに使うようにして、
朝使うメイク用品を変えてみませんか

大掛かりに変える必要はなく、ちょっと部分的に変更するだけです。

まず、スキンケア商品を「オールインワン」に変えます。

オールインワンジェルの中でも保湿高めのものを
選ぶようにします。

私がいいなあと思うのが【抗シワ試験済み】沖縄美人のオールインワンジェル「ネオ*わらびはだ」

テクスチャーがしっとりさらさらしています。

ファンデは、ドクターシーラボの BB クリームを使う。

BB クリームや CC クリームだったら
下地、ファンデーション、パウダーは基本的に必要ない。

物足りなさを感じたら上からパウダーを塗ってください。

血色をよくしたかったらパウダーチークで
ささっと終わらせる。

時短で手抜きしている感を持たせないためには、
ポイントを押さえるメイクをするといいと思います。

あなたのチャームポイントを生かすメイクを
普段から研究するといいかもです。

アイシャドウは、時短でも手がこっているように見せるために
「オーブの見たまま塗るだけアイシャドウ」みたいな
1つのパレットでささっとグラデーションが作れるタイプだと
きれいに仕上がりますよ。

わたしはお化粧はすばやくしたいので
今日も「見たまま塗るだけアイシャドウ」を買ってきました。

働いている女性が時間をかけなくてもキレイ感を出すには
朝使っているメイク用品を見直す。

こうすることで結構な時間節約できますよ

働く女性が朝の時間に余裕を持つにはこんな工夫をするといい

お化粧する時、一番どの部分に時間がかかりますか?

もし、目(アイメイク)だったら
まつげエクステを付けるのも手ではあります。

だけど

素まつ毛に重さがかかって
まつ毛が減ったり抜けたりしたという話をたまに聞くので
エクステをする時は、してもらう場所を調べた方がいいです。

できれば詳しい人に聞いてみてください。
(体験者など)

強いカールをすればするほど
まつげエクステは取れやすいです

この部分を頭に入れておくと、朝のメイクの時間を短縮できる。

まつげエクステをしてもらったから終わりではなく
自分で、まつ毛のお手入れをやること。

まつ毛美容液をしましょう。

後は、普段からお肌を健やかに保って
お化粧しやすいように保湿
をするといいですね。

肌に潤いがないとメイク崩れも激しくなります。

唇の乾燥もメイクの時間泥棒です。

  • ワセリンとハチミツを混ぜて唇に乗せてから、
    ラップで保湿する。

    ※ハチミツは個人差があるので確認してから試してくださいね。

  • ワセリンを何かを食べる前に塗る。

    何かをする前に塗ると唇にマクを張ってくれるので
    くちびるの荒れから守ってくれます。

普段からのお手入れ大事ですね!

これらをやっておくことで朝の準備の時間短縮につながります。

朝の髪がまとまる方法

働いていて残業があると帰りが遅くなることもあります。

自分だけ早く帰れない場合。

このような時は夜の髪のお手入れをおろそかにしがち。
お風呂入るまでがだるかったりしますよね?

バスタイムは楽しいけど、髪を洗うのに3種類ほどの
ヘアケア商品を使わなきゃいけないし
出た後は、トリートメントをつけて髪をドライヤーで乾かす。

そのあとまたトリートメント(ヘアオイル)をつける。

毎日になってくると面倒くさくなったりしませんか?

こんなときは、髪を洗うときに1本で済む
黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】を使うと
疲れて帰ったときのお風呂は楽です。

最近は、髪を乾かす時間を短くできるドライヤーもあるので
だいぶん苦にはなっていないですが

髪が長いと乾かすのに時間がかかりますよね。

よかったら速乾性のあるタオルもあるので
探してみてもいいかもです。

あなたに確認ですが

髪の毛はしっかり梳かして入浴していますか

最近知ったのですが
髪をとかして髪を洗うようにすると
1日の汚れを落としやすくなります。

毎日、朝や入浴前に髪をじっくりと
クシですいてみてください。

これだけでも朝の髪がいう事聞くようになります。

くしも大きめのブラシや、高級ですが「べっこう櫛」で
とくようにすると髪が素直になってきましたよ。

椿油や、ベビーオイル、ミルボンシリーズをヘアーに少量つけて
ブラシで優しく梳かしてみてください。

ツヤも出てきます。

人それぞれ、メイクの仕方が違うように
メイクにかける時間も違います。

時間だけを気にして、納得がいかない身支度は
あまり意味がないですよ。

朝の準備時間を短縮することだけにとらわれすぎないように。

朝のスキンケアと化粧時間を短縮したいのまとめ

手抜きしないで、化粧や、髪のセットする時間を短くしたいなら
私は普段のお手入れが一番大事かなと思います。

肌がすごく荒れて、皮がはげていた時は
いくらその時だけ時間をかけてベースメイクをしても
なかなか、納得がいく仕上がりにならなかった。

毛穴が開いていたり、ニキビができていたり。

このような状態の時は隠すのに精一杯で
隠せば隠すほど汚くなっていました。

今のお肌がましになって

「見せたくないためのお化粧」をしなくてよくなったから
ベースメイクが短縮できます。

仕事から帰ってきてからのお肌のケアや、髪のケア、
正直面倒くさいです。

たまに女性に生まれてきたことを後悔することもあります。

朝の身支度を短縮するためには、夜のケアを
気にしてみて
ください。

髪の毛だってそうです。

夜寝る時にシルクのナイトキャップをかぶって寝れば
寝癖もそんなにつかないし、髪を乾燥から守ってくれます。

髪を伸ばすときに毛先の痛みを気にしないでよくなる方法3つ

夜にちょっと今より手を加えれば
毎朝、仕事に行く時も
「余裕だわ」とほっと一息つける時間も持てるはずです。

朝の通勤時間にも余裕ができ
今まで見えなかった世界が見えますよ。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

加齢臭 臭い 場所

加齢臭の臭いがする場所がわからなくて不安な気持ちを軽減する3つの提案

「私って加齢臭?と40代になって気になっていませんか?」 ・40代の女性なんですが体からの脂のにおいが気になる ・これって加齢臭? ・自分で色々試してみたけど結果が出ない 最近になって、首や胸元あたり …

送別会 送られる側 お金

迫る送別会で送られる側はお金が必要なのかを3個に分けて紹介

「送別会で送られる側はお金を用意する必要があるのか」 ・一度職場を離れたあとに改めて送別会を開いてくれる事になった ・お金が必要な場合はどのくらいの金額がいいか ・菓子折りを持っての挨拶回りは済んでい …

大人ニキビ 応急処置

【大人ニキビの応急処置】一瞬で目立つニキビを解決して面接を乗り切るコツ

「大人ニキビを至急目立たなくしたい!」 ・明後日は転職の最終面接で顎ニキビが気になる ・コンシーラーで赤みは目立たなくなったけどイボのように膨れていて嫌 ・チョコラ BB ドリンクや皮膚科の薬を使って …

バリうま!博多ラーメンで美味しいお店とは?女性ひとりで入りやすい所と朝はさっぱりめで頂きたい

南国育ちの小神は、毎日雪で滑らないように 格闘しながら暮らしております。 雪景色ってキレイですよ~ まだ今の所、ズッテーンと思いっきりコケてないので 自分を褒めつつ何とか、生きております。 昔の話です …

温泉 湯上り 化粧

【温泉での湯上りの化粧】つきあい始めの恋人と温泉行くときの注意点

「恋人との温泉での湯上りのお化粧で悩んでいませんか?」 ・付き合ったばかりの恋人と行く温泉で素顔を見せるのに抵抗がある ・ニキビと、赤ら顔が見せれない ・湯上りでもお肌が自然に綺麗に見えるようにしたい …

管理人プロフィール

プロフィール

初めまして、小神リカです。

既婚者で北海道在住。

年間行事に対しての疑問や、普段生活していて
思うことに対しての疑問に答えるブログとなっています!

気軽に訪問してください。

よく読まれている記事

  • 該当なし